公益財団法人日本吟剣詩舞振興会
会 長 菅 原 道 雄

   謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
  皆様には、輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
   公益財団法人日本吟剣詩舞振興会(以下公財)は、日本の伝統文化「吟詠・剣舞・詩舞」を普及振興することを目的に、昭和43年に笹川良一創始会長、笹川鎮江二代会長はじめ全国の指導者が結束し設立されました。
   今日迄、全国規模の発表大会、コンクール、研修会、参考図書の発行等を事業展開して参りました。
   現在は、事業の活性化を図り、①幼少青年層への伝承 ②斯界を永年支えている高齢者の新たな活躍のステージの設定 ③一般社会の皆様への吟剣詩舞の情報発信などを中心に運動を進めております。一例として、全国コンクール上位入賞の青少年チームによる海外公演、NHKEテレ、全国大会への出演。高齢者を対象とした発表大会、コンクールの開催。全国大会の事前取材によるPR版ムックの一般書店での販売等実施しております。
   今年は、「公財」創立50周年を迎え、アメリカ公演旅行、日本武道館での記念大会の開催等が予定されております。
   私達は、いま社会から強く期待されている「精神文化の向上」を目指し、今年も吟剣詩舞道発展の為に邁進して参ります。