吟剣詩舞道の更なる普及を目指します

 東日本大震災発生から三年八ヶ月が経過致しましたが、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げ、一日も早い復興をお祈り致します。
 
 上代の昔から今日まで、多くの詩人の珠玉の作品を吟じ、その吟に合わせて勇壮な剣舞、華麗な詩舞を舞う芸道が吟剣詩舞道です。
 
 公益財団法人日本吟剣詩舞振興会(以降「公財」と略す。)は、日本の歴史の中で生まれ、日本人が育んできた伝統芸道である吟詠・剣舞・詩舞を普及振興することを目的に、昭和四十三年に設立された団体です。
 
 設立以来、我々の先人が多くの事業に取組み、斯道の普及振興に尽力されるに伴い、多くの若人が斯道の魅力を理解し、積極的に精進される姿に接することは、誠に頼もしい限りであります。
 
 私は、この現象を大変うれしく思うと同時に、斯道を今日の隆盛に導いてこられた指導者の皆さまに対し、心から敬意を表するものであります。
 
 「公財」は、今後も礼と節を重んじ、魂に栄養を与える芸道、吟剣詩舞道を、次代を担う幼少青年たちに確実に伝承して、思いやりと親孝行、協調と友愛の心を育むこの芸道をより一層普及振興させる為、事業展開を計って参ります。

平成二十六年十一月
公益財団法人 日本吟剣詩舞振興会
会長 菅原道雄