吟詠(ぎんえい)は、日本人の心を歌う伝統芸道です。
 お子さんからご高齢の方まで楽しめる、吟詠の魅力や代表的な演目、成り立ちを紹介します。
吟詠とは

吟詠の特徴

 吟詠は詩吟(しぎん)とも呼ばれる、 詩に節をつけて歌う邦楽のひとつです。
 
 吟詠のコンクールでは漢詩と和歌の詩が用いられますが、そのほかにも俳句、新体詩、現代詩など、どのような詩でも吟ずることができます。
 
 吟詠家は詩の内容をとらえ、歌によってその心情や情景を再現しようと心の底から吟じあげます。詩の作者の気持ちが読み取れることが吟詠家の力量の高さを表します。
 吟詠を聴くときには、吟じられる詩の意味や背景を知っているほど楽しめるでしょう。
 ことわざとしても有名な「少年老い易く学成り難し」からはじまる、朱熹(しゅき)『偶成(ぐうせい)』の吟詠をお聴きください。

吟詠の音楽と発声

 吟詠のメロディーとなる節には、詩の心を表現するために詩の句や単語といった一部の音を伸ばす節付けと、強弱がつけられます。音階はミ・ファ・ラ・シ・ドの五音構成を用い、詩のイメージに合わせたテンポやリズムがつけられます。
 
 吟詠を舞台芸術として多くの方に観ていただくために、日本吟剣詩舞振興会は「安定した音程で正しい音階の節を吟ずる」「吟の節付けは、話し言葉のアクセントを重視する」「詩の内容を、音楽芸術的に感動を与えて表現する」を吟ずるときのポイントとしています。

吟詠家の所作と衣装

  吟詠は舞台芸術であると同時に、礼節に重きをおく日本の伝統芸道ですので、舞台では芸の始まりと終わりに演者が観客に対して礼の心を表すことが決まりとなっています。
 
 衣装は吟にふさわしいものを選びます。
 男性の場合は和装は紋付に袴、洋装はダブルのスーツが一般的です。色は黒に限らず、春の吟には若草色、秋の吟には茶系の色紋付などを合わせて詩の心を表現します。
 女性の場合は和装が主流となっており、吟にふさわしい色や柄、模様の着物、帯、帯締、襟を組み合わせます。
 和装の場合は伝統芸能の約束にならい、扇を持つ習慣があります。

吟詠の成り立ち

吟詠の成り立ち
「第25回全国吟剣詩舞道大会」より、エンディングの大合吟の様子

 吟詠のルーツは『古事記』や『日本書紀』の時代にあるといわれます。平安時代には貴族のあいだで漢詩や和歌を詠む朗詠(ろうえい)が盛んに行われ、その後、武将や僧侶にも漢詩や和歌を作る文化が広がりました。
 漢詩を詠う朗吟(ろうぎん)がひときわ盛んになったのは、江戸時代後期の文化・文政期です。政策に儒教が採用されたことから漢詩の勉学が進みました。漢詩の読み下し文を詠んで学ぶ手法が現代の吟詠の母胎となっています。
 
 昭和に入ると和歌を詠う朗詠も盛んになり、漢詩・和歌の朗詠が老若男女に親しまれるようになります。特に関東の木村岳風(きむらがくふう)と、関西の真子西洲(まなごさいしゅう)は吟詠の大衆化に尽力し、多くの後進を育てました。
 戦後に停滞した時期もありましたが、経済復興とともに多くの新しい流派が誕生し、吟詠人口が飛躍的に増加。1968年(昭和43年)には日本吟剣詩舞振興会が設立され、以来、この伝統芸道を国民芸術として発展させるためにコンクールの開催や若手の育成に努めています。


全国の実力者「少壮吟士」

 日本吟剣詩舞振興会では、振興会が主催する全国大会において3回入賞し、かつ35〜65歳の吟詠家を「少壮吟士(しょうそうぎんし)」として認定しています。