少壮吟士 石川 春海

プロフィール

東京都[春洋流]

インタビュー

お父様が宗家ですが、吟を教わったのはお祖父様からですか?
そうです。3歳くらいにヒザの上でという感じですね(笑)。朝、祖父を起こしに行くと「一吟したらお土産やる」とよく言われて、それを楽しみにしたり(笑)。
どんな少壮吟士になりたいですか?
詩吟自体低迷しているので、その突破口になりたいですね。自分で出ていっていろんなところで吟じるとともに、後継者を作りたい。別に流派に関係なく、若い連中の後押しをしていきたいですね。
座右の銘や好きな言葉はありますか?
「勇往邁進」でしょうか。都総連の青少年大会で構成番組を企画した時にこれをタイトルにさせてもらったんです。この時の印象が強く残っていますが、とにかくひたすら前に進んでいきたいですね。